そっけないメールにならない!会話のやり取りを続けるコツとは?

対面での会話と違い、メッセージのみのやり取りになると相手に気持ちが伝わりにくくなります。何気なく返した返事が相手にそっけないと受け取られてしまい、関係が悪化してしまうことさえあります。メールを送る際にはできるだけ感情が伝わるように書くことがコツになってきます。

送るメッセージが尋問にならないように注意

男性がメッセージのやり取りで犯しがちなよくある間違いは、相手を質問攻めにしてしまうということです。相手からの返信が欲しいという焦りから、連続して質問を浴びせてしまうのです。簡単な質問なら問題ありませんが、あまりにも質問がしつこいと女の子はイヤになってしまいます。ある程度会話を弾ませるために相手の情報を聞き出すのは良いですが、頃合いを見計らってお茶に誘うなどの流れを作っていくことがポイントになります。

気持ちが伝わりにくい場面では顔文字やスタンプを活用

会話なら問題ない発言でも、メッセージの交換になるとそっけないものに見えることがあります。特に一言だけ発言するような時には相手から冷たく見えることがあるのです。相手に冷たく受け止められてしまうのを防ぎたい時には、顔文字やスタンプを利用すると良いです。メールでは顔が見えないので相手の表情がわからにくくなってしまいますが、代わりに笑顔のスタンプなどを送れば好意が伝わりやすくなります。

最終的に「出会う」ことが目的であることを忘れない

ペアーズを利用するということは、最終的に出会いを求めていることに他なりません。出会いを果たす目的を忘れてメール交換ばかりしていては、いつまで経っても男女の関係は発展しません。実際に会うためには、メッセージする時に会うための流れを作っていくことが必須です。

具体的には、美味しいレストランや行ってみたい場所・イベントなどの話を盛り込んでいくことが重要になってきます。あらかじめこういった話をしておくことで、後で相手を誘う口実となるからです。女の子の方から会うための誘いが来ることはほとんどないので、男性側が出会えるように話を展開していく必要があるのです。

まとめ:会話のテンションを保つことを意識しつつ、タイミングよくお茶や食事に誘う

一人の相手とずっとメールをしていると、次第に会話のネタが尽きてきます。会ったことのない人間同士で話していてもあまり共通点がないため、話が長続きしないのです。こういった事態を避けるためには、頃合いを見て会う約束を取り付けることが大切です。基本的には話が盛り上がったタイミングでお茶に誘ってみると、会える確率が高くなります。どうしても話が弾まなければダメ元でお茶に誘ってみて、デートできなければ次の女性にアタックすることをオススメします。

ペアーズ公式サイトはこちら

 

どの出会い系サイトを使うか悩む方は、こちらのランキングがオススメ

当サイトオススメの出会い系 総合ランキング はこちら

合わせて読みたい!Pairs-ペアーズ-の評価・評判・口コミの関連記事

僕が実際に使っている出会い系一覧

初心者が最速で出会う為の3ステップをまとめてみた